旅の目的(Purpose of travel) 現在地情報&コラム(Present place & Column) 旅の日記(Diary of travel) ハ真集(Photograph collection)
Home > 旅の日記(Diary of travel)
コラムはこちら
Column Last up date:2005.10.07

| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
←prev next→
Varanasi滞在記 vol.1 2004年12月21日
バラナシに着いて3日目。具合の良い宿を探したり、なんだかんだしていたら、親に連絡するのを忘れていて、心配されていた。これからはマメにメールしようと思う。



俺自身インドの印象はかなり良い。飯も問題ないし宿も良い。人も思ったほど悪くはない。ある程度東南アジア周遊で免疫がついたのかもしれない。





世界一有名な日本人宿「久美子ハウス」に泊まってみた。泊まってる人皆面白い。なかなか具合がよろしい。が、数少ない個室はすでに「年越し組み」で埋まっており、とりあえずドミトリーに一泊。これがバカみたく寒い。蚊も半端なく多い。一時間おきに、蚊に起こされて、「あ、噛まれてる。あ、寒い、、、。」となる。これで年越しまで過ごすのはさすがにキツイ。残念だが、次の宿へ移動。見つけたのは「OM」というGH。ツインの部屋ばかりだが、清潔でホットシャワー付き。なんたって、綺麗な毛布でぬくぬくと眠れる。値段もこのレベルにしては安い。独りでツインを使っても100ルピー(250円)。屋上からは勿論ガンガーが見られる。まだガイドブックに乗っておらず、「イイ噂」を立てる為、フロントもやたらと優しい。近いうちすぐに日本人宿になるだろう。





実はまだ火葬場とか見てなかったりする。居心地良い場所を探すのに時間をかけて親への連絡もしてなかったのだから仕方ない。バラナシはゆっくり居座って、じわじわと理解出来る所らしいので、一ヶ月くらいをメドにして、のんびりしてやろうと思う。
バックナンバー
バラナシへ (2004.12.18)
カンチャナブリで休日を。 (2004.12.11)
またまた再会。 (2004.12.8)
上海ナイト Part.2 (2004.12.4)
上海ナイト (2004.12.3)
再出発 (2004.11.30)
結婚式 (2004.11.28)
姫路へ (2004.11.27)
ピピ島 (2004.11.25)
友人の旅立ちです。 (2004.11.19)
もっと見たい
巡礼地を目指せ
ページTOPへ
Copyright Ashfeel.com 2004-2005. All right reserved