旅の目的(Purpose of travel) 現在地情報&コラム(Present place & Column) 旅の日記(Diary of travel) ハ真集(Photograph collection)
Home > 旅の日記(Diary of travel)
コラムはこちら
Column Last up date:2005.10.07

| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
←prev next→
6$クルーズ 2004年11月2日
昨日の朝、ニャチャンについてすぐロビーで日本人の男の子にあった。なんでも今から日帰りボートクルーズに行くらしい。さすがリゾート地。どうせ高いンだろうと思ってたら、たったの6ドルだと言う。各社が競争した結果ロープライス、ハイクオリティなツアーが生まれたのだと言う。天気も良さそうなので、思い切ってその場で申し込んで参加してみた。これがヒット。





天気は途中から悪くなったが、ボートを停めて泳いでいる間は暖かかったし、何よりメシが美味かった。イカやらエビやらが食べきれない程並ぶ。久々にシーフードを腹一杯食った後は、「浮き」を付けた即興ミニカウンターが登場。みな浮き輪でプカプカしながらワインを飲み、パイナップルを食べ、タバコを吹かしながらお喋り。後に改めてデザート(これまた食べきれない程)も出た。いくつか島にも立ち寄り、帰りもホテルまで送ってくれた。島への入島料(5000D)は取られたが、たった6ドルでこれは凄い。





昨日、大学に行ってみたところ、見学するにはちゃんとした服装で来い、と言われ、ジーンズに履き替えに宿に戻り、そのままクルーズに行ってしまった。で、今日もう一度行ってみた。すると今度は見学自体が駄目だという。昨日の先生(電話して許可を取ってくれた。)を探したが、彼女の名前も、担当教科も分からなかった為嘘をついている、と思われ追い返されそうに。見学は授業の妨げになるというので、「じゃあランチタイムに勝手に見てまわるなら迷惑はかからないだろう。」と食い下がると、OKが出た。午前の授業が終わる11時まで守衛さんの部屋で待ち、見学に行こうとすると、またまたNGが出た。話を聞きつけた守衛さんのリーダーがNGを出したのだ。昨日の先生(彼女は英語の先生だった。)がたまたま校門へ来たので、もう一度説明して許可を取って欲しいとお願いし、彼女も快く引き受けてくれた。が、昨日とは違う人物に決定権があるらしく、昨日はOKだったが、今日は無理だ、との事。昨日クルーズに行ったのは天気の関係もあって正解だったと思う。しかし、授業風景はおろか、学校の施設見学まで断られるとは。ホイアンの高校で一度断られたので、2度目だ。保育施設(2ー5歳)はOKだったンだけどな。





社会主義の国では、立場の上の人間の気分次第ですぐに対応が変わる。これからは、初めから正装(黒Tシャツにジーンズ。これが精一杯)で訪れ、許可を取ったら時間をおかずにすぐ見学しようと思う。残念。
バックナンバー
ホイアン 良い街でした。 (2004.10.31)
NHK (2004.10.28)
ハノイ 10・26事件 (2004.10.26)
ポーラやん!! (2004.10.24)
ベトナムへ一直線 (2004.10.23)
麗江にハマる (2004.10.20)
移動 (2004.10.15)
大理高 (2004.10.13)
中国へ (2004.10.12)
ムアンシン (2004.10.9)
もっと見たい
巡礼地を目指せ
ページTOPへ
Copyright Ashfeel.com 2004-2005. All right reserved