旅の目的(Purpose of travel) 現在地情報&コラム(Present place & Column) 旅の日記(Diary of travel) ハ真集(Photograph collection)
Home > 旅の日記(Diary of travel)
コラムはこちら
Column Last up date:2005.10.07

| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
←prev next→
始まった2006年。 2006年1月3日
あけましておめでとうございます。



明けて早々、聖サグラダ・ファミリアを眺めた。俺は、思ったよりもビックリする程少なかった事が判明した残りの残金のせいもあってか、旅の一段落を思った。早速ではあるが、今後のルートを考えねばなるまい。現実的だ。





当初の予定としては、スペインのどこか安い所に1ヶ月くらい部屋を借り、スペイン人共とやいのやいの盛り上がってるうちにスペイン語上達。で、南スペイン中心に見て廻り、その後泊めてくれそうなヨーロピアンのウチを起点にヨーロッパ各地へ遠征、金がなくなった所で帰国。だったのだが、全くそんなのは無理だと言うシビアな現実が発覚。俺は残りの限られた時間を、南スペインを回るのに充てるか、スペインの田舎でステイか、ヨーロッパ各地へ遠征か、選択を迫られる事になった。





ここで迷いに迷った俺に別のアイデアを出す人物が。

「モロッコでサーフィン。」耳に突き刺さる一言だった。



サーフィンは学生の頃からずっと始めたかった。が、なかなか良いチャンスに恵まれず始められずにいたのだ。始めたいモノランキングとしてはスペイン語勉強にも全く引けを取らない。ここは一つ、思い切って自分でも意外なルートを取る、というのも手だ。そうだ、きっとその方が面白い。ヨーロッパの「自分自身で決めたルートに縛られる」FIXツアーは終わりだ。最後は思い切り自分の好きに進路を変えたってイイ。社長(イスタン、バルセロナで一緒。サーファー)と一緒なら、本気でやれば最低限のラインにも手が届くだろう。こんなに興奮出来て、チャレンジ精神に火を付ける熱い誘いはここ最近なかった。俺は残りの時間を、モロッコでサーフィン、に決定した。





という訳で、どうも俺は社長と2人、モロッコでサーフィンをする事になりそうだ。その後、金が残ってるようなら、ヨーロピアンの知り合い達に挨拶だけでもしてから帰国しよう。恐らくこの調子なら春には帰国でないか?そんな感じ。まぁいつ帰ってもOK。目指し、辿り着いた街バルセロナでもこうやってのんびり出来ているし。何より、モロッコ行き決定による、「どうなるか分からない」不安と期待の入り混じった、この感じ。これだろ。旅ってのは。





まずは、アンドラでボードしてテンションを上げ、モロッコに乗り込んでやろうと思う。

待っとけアフリカ!



バックナンバー
年の瀬に   −ワレトウチャクセリ−   (2005.12.29)
ヨーロッパで世話になろう。 ーローマ編ー (2005.12.25)
ヨーロッパで世話になろう。 ーウィーン編ー (2005.12.11)
キメキメキツキツ こらシンドイ。 (2005.12.3)
雪の降る街より  〜ヨーロッパ始動〜 (2005.11.22)
↑アゲ宿「Tree of Life」 (2005.11.10)
金が、、、、。 (2005.9.27)
チャイハネで ポコポコしながら 思ふこと (2005.9.24)
参政したい!が、、、 (2005.9.8)
イージュー★ライダー 05’ (2005.9.5)
もっと見たい
バム遺跡
ページTOPへ
Copyright Ashfeel.com 2004-2005. All right reserved