旅の目的(Purpose of travel) 現在地情報&コラム(Present place & Column) 旅の日記(Diary of travel) ハ真集(Photograph collection)
Home > 旅の日記(Diary of travel)
コラムはこちら
Column Last up date:2005.10.07

| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
←prev next→
Varanasi滞在記 vol.5 「いつもどおり」 2005年1月8日
いつの間にか05年がスタートしていた。



9月に旅をスタートさせ、正月といってもまだ3ヶ月半。

「よっしゃ、やるぞ!」なんて気合入れるのは出国前に済ませているので、新年に改めて何かを仕切り直す、という必要性が全く感じられない。だから「今年の抱負は?」と聞かれても困るのである。ただ旅を続ける。それだけだ。





いつもどおり11時前に起き、屋上に上がる。日光浴をしていると宿の息子のラウールや最近飼い始めた犬達(ダイナとジュディー)が上がってくるので、一緒に遊ぶ。12時からはジャンベ教室へ。途中で必ずチャイが出される。それを飲みながらも、さっき習ったばかりの新しいリズムを口ずさむ。その後は「しゃん亭」で昼飯。いつもどおり1時間以上待たされるが、気にしない。いつものネット屋で、インド人に大いに絡まれながらメールをチェック。写真を送る時は、インド人が写真を見たがるので、いちいち時間がかかる。が、楽しい。5時からの2回目のジャンベを終えれば、宿に戻って友達の部屋へ。誰かしらが集まっているので、その輪に入る。夕飯の後はまた話したり、本を読んだり。寝る時には必ず電気を消し、ロウソクを灯す。





これまで、敬遠してきた一見フラットに見えるこの、「いつもどおり」の生活が楽しくて仕方が無い。初めて手にした楽器であるジャンベも、ある程度までは上手くなりたいし、ここはやはりのんびりしてやろうと思っている。







バックナンバー
Varanasi滞在記 vol.3 「Din−Na Din−Na」 (2004.12.29)
Varanasi滞在記 vol.3 「クリスマスイヴ」 (2004.12.24)
Varanasi滞在記 vol.2 「やさしい涙」 (2004.12.22)
Varanasi滞在記 vol.1 (2004.12.21)
バラナシへ (2004.12.18)
カンチャナブリで休日を。 (2004.12.11)
またまた再会。 (2004.12.8)
上海ナイト Part.2 (2004.12.4)
上海ナイト (2004.12.3)
再出発 (2004.11.30)
もっと見たい
スーフィーナイト!
ページTOPへ
Copyright Ashfeel.com 2004-2005. All right reserved