旅の目的(Purpose of travel) 現在地情報&コラム(Present place & Column) 旅の日記(Diary of travel) ハ真集(Photograph collection)
Home > 旅の日記(Diary of travel)
コラムはこちら
Column Last up date:2005.10.07

| 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |
←prev next→
中国へ 2004年10月12日
ポーラとはムアンシンで別れ、前日ルアンナムターへいったん戻った俺は、朝早く国境の町ボーテンへ(2h)向かった。出来れば国境のモーテンからモンラー(2h)、景洪(5−6h)まで一気に行きたい。途中自動車事故により、2時間近くスタックされ、その後、俺らのミニバスを猛スピードで抜いていったミニバスが、少し先でこれまた衝突事故を起こし、畑の中に車体が斜めっていた。幸い怪我人はなかったが、問題はここから。通るバス、皆が皆車を停めて見にくる。しまいには、後ろの方の車からクラクションの嵐。そうか、こうして渋滞が起きるのだ。まー俺は怪我もなく、予定通りの景洪入り。中国入国初日に中国人を知る良い体験が出来た。





景洪で一泊後、大理へのバスを待ってたら、ルアンパバーンで会った、石垣島のジュエリーショップ「市蔵」のオーナー、市蔵さんと再会。ここ大理まで(18h)一緒に来た。「市蔵」についてはまた日を改めて話すとして。大理は予想通りなかなか具合の良い街で長期滞在者も多い。俺も気に入った。飯も旨い。宿も安いし、ホットシャワーは24時間。フリーインターネット。こりゃ良い。中国は15日のビザなしで入ったんだけど、ビザなしの場合でも延長出来るらしいので、どうしようか迷っている。とにかく2,3日ステイして麗江へ行き、虎跳峡トレッキングをした後に考えよう。
バックナンバー
ムアンシン (2004.10.9)
ノーモア ラオラオ (2004.10.8)
具だくさんの一日でした。 (2004.10.6)
「托鉢」 −たくはつ− (2004.10.4)
修学旅行 in ルアンパバーン。 (2004.10.4)
スローボート (2004.10.2)
ラオスとの国境町 チェンコン。 (2004.10.1)
象のいる朝。 (2004.9.29)
ジャカバン先生。 (2004.9.26)
異文化コミュニケーション? (2004.9.23)
もっと見たい
橋の下にはチャイハネ。
ページTOPへ
Copyright Ashfeel.com 2004-2005. All right reserved